Doorkeeper

第2回 山陰CSIRT情報交換会

2017-11-18(土)13:30 - 18:00

松江オープンソースラボ

松江市朝日町478番地18 松江テルサ別館2階

栂 博 ぱらどくす。 杉原 祐樹 sho-h Yoshikazu Takata 石川寛 児嶋健太郎 hiroyuki ⇔ ıʞnʎoɹıɥ 前田 修吾 坂本 史由樹 あみだく 杉原健司 + 6人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

情報交換会参加のみ
無料
情報交換会および懇親会に参加
4,500円 会場払い

第1部の CSIRTについて は、CSIRTについての基本を学びます。
第1回に実施した内容と同じですので、第1回に参加された方やCSIRTについて既にご存知の方は、第2部からご参加でも結構です。

第1部(13:30〜)

基本セッション:CSIRTについて

CSIRT(Computer Security Incident Response Team)の分類や役割など、基本的な事項を解説いたします。
講演者:
 生源寺 亨浩:当会スタッフ

ショートセッション:あなたのWebサイトもbotに試されている?

しまねソフト研究開発センターのこの記事に関連した内容です。
Webサイトへのbotによる好まれざるアクセスが増えてきているようです。
好まれざるアクセスとはどういった物か、またこれらについて取組を行っているOWASP Automated Treat プロジェクトについてお話します。
講演者:
 岩石 睦:当会スタッフ(ファーエンドテクノロジー株式会社)

第2部(14:30〜)

CSIRT関連セミナー :CSIRT今昔

ITの利用のされ方の変遷にともない、そのセキュリティを司る人や組織にも変化がありました。
ここでは古くより企業におけるCSIRT活動をしている話者が、CSIRTという概念の生い立ちやその目的など、変わらないことについて説明するとともに、組織の中における位置や影響力など、時代とともに変わってきたことについてお話します。
またあわせて「なぜサイバーセキュリティの専門家にはポニーテールが多いのか」といった素朴な疑問にもお答えしたいと思います。
講演者:
 齋藤衛 様(株式会社インターネットイニシアティブ セキュリティ本部長)
 ももいやすなり 様(同社 セキュリティ本部 セキュリティ情報統括室 リードエンジニア)

ワークショップ:カードゲーム体験

インシデントレスポンスの学びをテーマにしたゲームが公開されています。
これらのうち以下の3種類を取り上げ、グループに分かれて実践します。

懇親会

勉強会終了後懇親会を開催します(希望者のみ)。

場所

春団治 (松江市東朝日町112)
https://r.gnavi.co.jp/hezc6bbb0000/

会費

4,500円(勉強会受付時に集金させていただきます)

コミュニティについて
山陰CSIRT情報交換会

山陰CSIRT情報交換会

昨今のサイバー攻撃、特に組織を狙った攻撃は、組織的かつ巧妙に実行されています。 このため、システム的な防御で未然に防ぐことが難しいのが現実です。 このような攻撃の対策として攻撃を防ぐ対策だけではなく、「攻撃を受けるという前提で、攻撃後どのように行動するかを考えよう」と言われています。 しかしながら、現実に攻撃を受け何かが起きた場合、相当な困難が待っているはずです。 山陰は人口も少ないため、...

メンバーになる